インターナショナルスクールを知っておくには

私のまわりではインターナショナルスクールについて通っている友人はいないので全く身近な感じはないのですが、みなさんはインターナショナルスクールについてどんなイメージをおもちでしょうか実は日本においては、法令上の定義や規定などはありません。インターナショナルスクールといわれるように主に英語により授業が行われて、外国人児童を対象とした教育施設と捉えるのが一般的なのです。そして、インターナショナル・スクールとして日本で認識されている施設では、学校教育法に基づく各種学校として都道府県知事の認可を受けています。また、そういった認可を受けていても各種学校であることはもちろんですが、日本の児童が通っていても就学義務を修了したことにはなりません。ここを知っておかないと大変なことになりますよね。そして教育課程については、各校独自の方針に委ねられていますので、中学校相当のインターナショナル・スクールを修了しても学校教育法上の中学校を卒業したことにならないために、公立高校の受験資格が認められていません。私立高校に関しては、各校の判断しだいとなっています。ですが、文部科学省が高校相当とした学校や大学に認められた学校の卒業生については、大学への入学資格が認められています。そういったことしっかり理解した上で学校入るかどうかをかんがえなくてはなりませんね。インターナショナルスクールにはいると、国際感覚が身につくのでそういった意味では非常にいい教育機関だといえるとおもいます。