幼児むけインターナショナル

幼児向けのインターナショナルをプリスクールとは本来、英語で「幼稚園」、「保育園」といった意味であることはご存知でしょうか?この言葉については日本では、時代と共に「英語で保育を行う施設」といった意味に変化してきました。現状、日本にプリスクールは500校を超える数があるのです。しかしながら、一般的に幼少期に英語を学べるといった環境が効果的で、人気なっている理由の大きな部分を占めていると思われます。それも英語保育は特徴的な保育になります。プリスクールのほとんどが認可外の保育施設となっているのが現状です。そのため、保育料も高めとなってしまいます。その中でのメリットとしては英語になれるという事が挙げられうでしょう。その教育を手に入れるためには。別途、入学金、施設費、給食費などもかかってきます。プリスクール卒業後、多くの人がインターナショナルスクールへ進学します。せっかく学んだ英語を使わないと忘れてしまう、といった考えがあるからだと思われます。しかし、経済面に大きな負担がかかってしまいます。インターナショナルスクールは小、中、高と12年間通うことになるので、約2400万円くらいの金額になってしまいます。これは、一般的なサラリーマンにはすこし高い金額であるのでその辺りをカバーできる経済力というものがひつようすよね。また、こういった学校に通わせる父兄というのは、そのコミュニティをもつためにも大きな役割をはたしているといえます。